地震について
                                          東光電気工事株式会社
                                          東京支社リニューアル部
                                               吉野賢治
  3.11東日本大震災から1年が経ち、震災にあわれた方にとっては、忘れられない 事だと
 思います。心より御冥福をお祈りいたします。
 多少の知識はありますが、私が関心を持ったので調べた事を書いてみました。

1. 地震とは

  地震は、地下の岩盤のずれ、破壊によって起こる。岩盤は、非常に硬くある一定の圧力に
 より、破壊が起きる。
 圧力が耐えられなくなり限界を超えると破壊し、エネルギーが一気に放出する状態。
 日本全国には、陸域で約2000の活断層があるそうです。

2. 地震波について

  地震波は、速度が速いP波(縦波)、速度が遅いS波(横波)に分けられる。
 はじめに感じられる細かい震動(初期微動)がP波、激しい震動が、S波と なり、通常たてゆ
 れを感じるのが、P波となり、その後、激しい横ゆれが起きるのが、 S波となる。

3. マグニチュードと震度

  『マグニチュード』は、そのものの大きさを表す。
 『震度』は、ゆれのつよさを表す。
 マグニチュードは、エネルギー量を表す指数で、地震計の最大振幅等を用いて計算する。
 専門的な計算式なので、省略する。
 日本の表記は、気象庁マグニチュードを採用しており、世界では、異なるとされている。
 マグニチュードの大きさは、1増えると約32倍、2増えると約1000倍になる。
 ちなみに、関東大震災は、M7.9、阪神淡路大震災は、M7.3、東日本大震災は、M9.0
 であった。従って、東日本大震災は、阪神・淡路大震災の約1000倍のエネルギーの地震で
 あった。

   震度は、気象庁が定めている震度階級がある。
 震度0〜7(0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7)の10段階でわかれている。
 昔は、体感や被害状況により判断していたが、今は、地震計を用いて判断している。
 震度は、各地にある震度計による物で、設置してある地盤等の条件により、異なる。
 又、気象庁の観測点は、全国で約4,200地点ある。(各自治体等分含む)
 マグニチュードは、地震そのものの大きさ、震度は、各地の規模の大きさの目安とさ れる。

4. 緊急地震速報について

  日本の気象庁が提供している地震警報システムの一つである。
 主要動の到達前に速報を行うシステムとしては、世界初であるとされている。
 震源に近い観測点の地震計で捉えた地震波のデータ解析し、震源位置、規模を即座に推定
 し、各地での到達時間、震度を推定して可能な限り素早く知らせるもの。
 テレビ等の一般向けが拡大していき、携帯電話にも広く導入されている。その他、高度利用
 者向けを提供する端末や、ソフトウェアが多様な方式の事業者によって提供されて いる。
  仕組みとしては、初期微動のP波と、S波の伝播速度の差を利用して予測する。
 (P波は、毎秒約7km、S波は、毎秒約4km)
 ある資料によると、対応時間が5秒(5秒前に地震速報を知る)あれば、死傷軽減率が約80
 %軽減できるとされている。
  現在は、携帯電話、スマートフォンアプリにて速報を利用する人がいるが、その情報として
 は、気象庁の速報にて情報を得ている。
  東日本大震災から注目されるようになった。一般向けから、企業向けまで様々な機器があ
 り、使用目的により選ぶことができる。
  3.11東日本大震災から1年が経過し、日本国民が地震の恐ろしさを痛感したと思う。
 各メディアで、地震に関する報道をされているが、各自住んでいる地域他、日ごろ生活して
 いる場所の特長を把握し、防衛することが大事だと思う。