Back Number
中国地区勉強会報告
中国地区担当幹事 久城 啓史
   
実 施 日 平成29年7月13日(木)14:00〜17:00
テ ー マ 『校正における不確かさの使い方』
講  師 田村 純 講師
  三興コントロール
  計測制御サービス事業部 校正技術部 部長
場   所 樺電工 本店電気ビル 11階会議室
  広島県広島市中区小網町6-12
参 加 者 23名
主   催 計装士会
協   賛 (一社)日本計装工業会
   
概  要 (項目)
 【内 容】
     @ 計測と精度
     A 計測と校正
     B 初めての不確かさ
     C 校正結果の見方
     D 試験、検査と校正
     E ISO 9001、ISO 17025

   標記の講義内容に対して、アンケート結果(回答22名)
    1)一番興味があった件は
     @真の値は存在しない‥‥‥‥‥‥・・・・・ 7名
     A偏差(誤差)とバラツキ‥‥‥‥・・・・・・・・・ 5名
     B不確かさの定義‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・ 3名
     C精度の定義‥・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥・2名
     D校正について‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・・・・2名
     E計器使用における外乱‥‥‥‥‥‥‥・ 1名
     F有効期限の意味‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・1名
     GISO 17025について‥‥‥‥・・・・・・・・・・・1名

    2)勉強会の希望テーマについて
     @海外のプラント計装について
     A品質保証(QA)について
     B計装工事の実例
     C計測・校正機器の構造と使用方法
     D計装工事の今後
   
 

田村講師勉強会の様子

所 感
   多数の方が、「不確かさ」についての分かり易い説明と奥深い内容に 興味を持ち、知識
  が広がったと書かれていました。
   また、「不確かさ」=「誤差」と思っていた私も、精度と校正および 国際標準の流れつい
  て分かり易く説明していただき、その奥深さに魅了 されました。
   最後に、今後とも、田村先生による計装士のための講義継続と、益々 お元気で活躍さ
  れることを切に願います。

                                                    以 上