Back Number
中国地区勉強会報告
中国地区担当幹事 久城 啓史
   
実 施 日 平成30年7月19日(木)14:00〜17:00
テ ー マ 『振動と計測(計装)機器』
講  師 田村 純 講師
  三興コントロール
  計測制御サービス事業部 校正技術部 部長
場   所 樺電工 本店平和大通りビル 11階会議室
  広島県広島市中区小網町6-12
参 加 者 25名
主   催 計装士会
協   賛 (一社)日本計装工業会
   
概  要 (項目)
 【内 容】
     @ 振動とセンサ
     A 振動の計測と校正
     B 振動計と加振試験
     C タービンの監視
     D 振動試験の仕様
     E SI単位の改訂

   標記の講義内容に対して、アンケート結果(回答24名)
   (1)勉強会の内容について
     @とても面白かった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16名
     A面白かった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8名
     B面白くなかった ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0名
   (2)計装業務に対する意欲について
     @元気が出てきた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10名
     A少し元気が出た・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13名
     Bあまり変わらなかった ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1名
   (3)勉強会の内容が役立ちそうですか
     @役に立つ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15名
     A少しは役に立つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9名
     Bあまり役に立たない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0名
   (4)一番興味があった件は
     @振動の発生と現象‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 5名
     A振動の計測と校正‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 4名
     BSI単位の改訂‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・ 3名
     Cトレーサビリティの担保 ‥‥‥‥・・・・・・・ 3名
     D振動と騒音・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 2名
     E振動の単位・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 2名
     F地震計について‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 2名
     Gこれからの校正‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 1名
     H加振の種類・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 1名
     I共振現象‥・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・ 1名
   (5)勉強会の時間について
     @長すぎる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3名
     Aちょうど良い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20名
     Bもう少し聞きたい ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1名
   (6)次回の勉強会への参加について
     @是非参加したい ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21名
     Aどちらでもない ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3名
     B参加したくない ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0名
   (7)勉強会の希望テーマについて
     @避雷設備および接地関係
     A電気設備の水害と対策
     B計装工事の新技術と施工留意点
     C伝送器や温度計・流量計等の構造と施工
     Dプロセス制御について
     E計装に関わる技術者の育成について
     F計装工事業界の未来展望
   (8)計装士会へのご意見
     @校正の大切さが良く分かりました。
     A振動と校正について、分かり易く説明していただき大変勉強になり、 知識の幅が広
       がりました。
     B項目毎に丁寧な説明で概ね理解できましたが、一部専門的で難しい 部分がありま
       した。
     C各実験の様子を動画で説明いただき分かり易かったです。
     D技術と工事を分けて開催しては、どうでしょうか。

   
 

田村講師勉強会の様子


勉強会受講風景

所 感
   多数の方が、少し専門的ではありましたが、項目毎に深く突き詰められた 内容に引き込
  まれましたと書かれていました。
   また、振動というごく身近なテーマで、検査・試験は校正がベースとなる ことを学び、SI単
  位の改訂についても直接関わっていく事なので大変関心を 持ちました。
   最後に、今後とも、田村先生による計装士のための講義継続と、益々 お元気で活躍さ
  れることを切に願います。

                                                    以 上