Back Number
関東・甲信越地区勉強会報告
企画・研修委員 橋本 明洋
   
実 施 日 平成30年11月24日(火) 14:00〜17:00
テ ー マ 「振動と計測 (計装) 機器」
講   師 田村 純 講師
  三興コントロール 計測制御サービス事業部 部長
場   所 東京電業会館 3F会議室
  東京都港区元赤坂1-7-8
参 加 者 17名
主   催 計装士会
協   賛 (一社)日本計装工業会
   
1.はじめに
   平成30年度 関東・甲信越地区の勉強会を、平成30年11月24日に東京電業会館に
  て実施いたしましたので、ご報告いたします。

1.講習会内容
  テーマ「振動と計測(計装)機器」
   次の5つのテーマに分け、講義が進められた。
   1 「振動とは」
    ・振動の表し方
    ・振動量の基本的なパラメータと単位
    ・各パラメータ間の関係

   2 「振動センサ」
    ・振動計測の基本
    ・振動センサの原理
    ・地震動の計測
    ・地震計の校正とトレーサビリティ

   3 「振動の計測と校正」
    ・(産業)計測の意味
    ・振動変移、速度量のトレーサビリティ
    ・振動加速度の国家標準
    ・管理精度と許容値の源

   4 「可搬型低周波校正装置」
    ・振動計校正装置開発の経緯
    ・加震部の概要
    ・校正装置内臓の標準振動センサ
    ・今後の課題

   5 「3.11と加震試験」
    ・計装機器と加震試験
    ・加震のシステム概要
    ・加震の種類
    ・スィープ(掃引)と変調波形加震
    ・共振の探査の重要性
    ・加震試験状況の動画

   計測対象となる「振動」の定義及びその表し方の解説から始まり、振動センサの解説、
  校正の目的・意義の解説、振動校正装置開発時の課題とその対策を解説いただいた。
   また、実際に行われた加震試験の状況を、動画を交え解説いただいた。

3.まとめ
   本講義では、開発された振動校正装置において、重要となる要素を順序よく段階を踏ん
  で解説いただけたため、目的や課題が大変理解しやすく、参考になりました。また、その周
  辺技術や校正の考え方等の解説もあり、勉強にもなりました。
   講義のオマケとして、産総研で管理されているキログラム原器公開の動画を上映いただ
  きました。タイムリーな話題とあって、興味深く拝見させていただきました。
   最後に、ご多用中にもかかわらず、講師としてご説明・解説をいただきました田村純講師
  には厚く御礼を申し上げるとともに、ご参加くださった皆様のご活躍をお祈り申し上げま
  す。

                                                    以 上