Back Number
東北・北海道地区見学会報告
東北・北海道地区担当幹事 小川 克郎
   
実 施 日 平成30年9月27日(木) 13:00〜17:00
見学施設 日本製紙エネルギーセンター株式会社 石巻雲雀野発電所
 宮城県石巻市雲雀野町2-15-4
見学内容 国内最大規模で、発電効率も国内トップの
「石炭とバイオマスの混焼による発電設備」の見学
参 加 者 26名(内計装士会7名)
主   催 (一般社団法人)電気設備学会東北支部
共   催 (一般社団法人)日本電設工業協会東北支部
(公益社団法人)日本技術士会東北本部電気電子部会
計装士会
   
1.はじめに
   今回の見学会は、日本製紙石巻エネルギーセンター株式会社のご厚意により一般社団
  法人電気設備学会東北支部主催、一般社団法人日本電設工業協会東北支部、公益社団
  法人日本技術士会東北本部電気電子部会及び計装士会の共催で実施しました。
   見学した施設、日本製紙石巻エネルギーセンター(株)石巻雲雀野発電所は、平成30年3
  月に操業を開始したばかりで、2011年の東日本大震災により大きな被害を受けた石巻地
  域の産業振興及び雇用創出のため設立されました。
   また、環境の面と電力安定供給の面から石炭とバイオマスの混焼による発電設備とし、
  バイオマス混焼発電所としては国内最大規模で、発電効率も国内トップの42%を実現して
  います。
   見学の内容を、下記に報告いたします。
                                                 
2.見学内容
 1)発電設備の概要について

   発電設備の概要および特徴を当エネ
  ルギーセンター担当者様よりご説明頂
  きました。
   当発電所の最大発電能力は14.9万
  kwで、バイオマスによる高い発電効率
  を実現するため、石炭、接着剤なしの木
  質ペレット及び未利用材(間伐材)を使
  用し、環境・コスト面の負荷を低減してい
  ます。
   具体的な燃料の使用量は、石炭を
  1,000t/日、木質ペレットを500t/日
  未利用材を50t/日使用し、熱量比で
  最大30%のバイオマス混焼を実現して
  います。 立地は石巻市の臨海工業地域
  に位置し港に直結しているため、燃料は            中央操作室の様子
  海路より直接発電所内の未利用材及び
  石炭ヤードに搬入されます。
   また、木質ペレットは発電所に近接した
  場所に、2万トンの保管倉庫を設けてい
  ます。

 2)燃料搬送設備

   燃料となる未利用材・石炭用と木質ペ
  レット用、2系統の搬送設備でボイラー
  の燃料貯槽に運ばれ、どちらか 1系統
  に異常が発生した場合でも安定的に発
  電できるよ うにしています。
   また、搬送設備のコンベアーは回転軸
  を持たない空気浮上式となっており、安
  全と防災に万全を尽くしています。






                                      燃料搬送設備
  
 3)石炭ミルとバイオマスミル

   燃料を高温で効率よく燃焼させるため
  未利用材・石炭用3機と木質ペレット用
  1機の2種類の専用ミルにより、 ミクロン
  単位まで燃料を粉砕することで国内最
  大の混焼比率(熱量比30%)を実現して
  います。



 4)微粉炭バーナとバイオマスバーナ

   バーナーは、燃料と空気を適量混合し
  て効率よく燃焼させるため、未利用材石
  炭用と木質ペレット用の2種類を設置し
  ています。                          石炭ミルとバイオマスミル


 5)灰 (ばいじん) の再利用

   燃料となる石炭・木質バイオマスの燃焼により生じる灰(クリンカアッシュ)及び電気集塵
  機で捕集された灰(フライアッシュ)は一旦場内に貯蔵され、セメントの原料として有効利用
  されます。

                                                                
3.おわりに
   今回の見学会で、ご協力頂きました日本製紙石巻エネルギーセンター株式会社様に感
  謝すると共に、お忙しい中、施設のご説明及び見学のご案内をして頂きました社員の方々
  にはこころより御礼申し上げます。
   見学会の感想として、雲雀野発電所と隣接する日本製紙石巻工場との間で、法令により
  発電所との電力連系及び排熱利用が出来ないとの説明が有りました。
   また、木質ペレットも接着剤を使用しないものとするため、海外より輸入しているとのこと
  でした。
   トータル的な経済性・利便性及び安全性を考慮し、法令が足かせとならない柔軟な対応
  が出来れば より良い施設が出来ると強く感じました。
                                                     以 上


石巻雲雀野発電所にて(参加者一同)