廃ポリスチレンモノマー還元装置 実証プラントの紹介 (計装士第15号)
  執筆者:東芝プラントシステム(株)
技術開発部
小笠原 昌弘
 はじめに
 廃プラスチックの処理は埋立て、焼却から資源循環型リサイクルへ転換されてきている。プラスチックのリサイクルには、焼却してエネルギー回収するサーマルリサイクル、油化や製鉄所の高炉原料などに利用するケミカルリサイクル、過熱溶融して再生品とするマテリアルリサイクルがある。
 一般に分別された発泡スチロールなどのポリスチレン廃棄物は溶融温度まで加熱した後、製品に再成形する方法でマテリアルリサイクルされている。しかし、この方法では、廃プラスチックの汚れによる製品の品質低下が避けられないため、その用途には限界がある。
これに対してポリスチレン廃棄物を元のプラスチック製品の原料であるスチレンモノマーへリサイクルする方法は、ポリスチレン廃棄物を一旦加熱分解した後に蒸留精製する段階で汚れを除去できるので、多少汚れていても元のプラスチック製品の原料となる高品質なスチレンモノマーに還元することができ、完全な循環型リサイクルを形成できる。
 プラスチックには数多くの種類が存在するが、原料であるモノマーへリサイクルが可能なものは限られている。汎用樹脂であり、大量に使用されているポリスチレンは熱分解によりモノマーに還元可能である。本技術の特長と実証試験を紹介する。

1. 廃ポリスチレンモノマー還元装置の技術概要
1-1, 特徴
1-2, 実証試験
1-3, 電気計装品
1-4. 運転制御
2. おわりに